どんなキーワードで検索されていて、どの位の順位なのか
検索画面に表示されてからどの位クリックされてるか
サイトの検索順位を下げる可能性がある問題は発生していないか

などサイトの訪問数を増やすためにサーチコンソールは必須のツールです。
まだ登録していない方はこの記事をぜひ読んでみてください。
(むしろサイト運営に必須なツールなので、登録を強くおすすめします!)

目次


  1. サーチコンソールとは?
  2. グーグルサーチコンソールの設定をしよう!
    1. グーグルアカウント登録しよう!
    2. グーグルサーチコンソールに登録しよう!
    3. サイトマップを送信しよう!
  3. Google Analyticsと連携しよう!
  4. 3 まとめ:サーチコンソールとは、ブログを監視するサービス!

サーチコンソールの使い方
検索アナリティクス
検索結果での掲載順位「平均掲載順位」
サイトへのリンク>最も多くリンクされているコンテンツ
内部リンク
手動による対策
Fetch as google
サイトマップ
サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法
削除方法について
エラー・不具合
まとめ

サーチコンソールとは?

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Search Console の概要

わかりやすく説明すると、ユーザーがサイトに訪れる前の

  • 作った記事が正しくグーグル検索画面に表示されるようになっているか
  • 検索キーワード別の記事の検索順位やその推移
  • ユーザーに表示されてからクリックされた数、率

などのデータを取得でき、SEO対策には欠かせないツールです。

例えば、今まで訪問数が多かった記事で急に訪問数が減少したときに原因を調べたり、施策を打った後に順位やクリック率がどう変動したか、などの確認に使います。

それでは早速グーグルサーチコンソールの導入について説明していきます。
(ちなみに無料なのでご安心を)

グーグルサーチコンソールの設定をしよう!

グーグルアカウント登録しよう!

まずはご自身のグーグルアカウント(Gmailアドレス)を用意します。
(すでにアカウントをお持ちの方は次のステップに進んでください。)

https://accounts.google.com/SignUpから登録を行えます。

グーグルサーチコンソールに登録しよう!

https://search.google.com/search-console/aboutに遷移します。

「今すぐ開始」をクリック

サイトURLを入力して「続行」をクリック

この画面が出たら完了です。

Google Analyticsの導入が完了していない方は上記画面が出ない可能性があります。
その場合は下記記事からGoogle Analyticsの導入から実施してみてください。

サイト分析ツール(Google Analytics)の導入方法を画像で解説!

サイトマップを送信しよう!

次にサイトマップの送信方法について説明してきます。

サイトマップって何?という方向けに説明すると、
サイトがどのような構造になっているかという記録をまとめたものです。

このサイトマップをサーチコンソールに定期的送信すると、グーグルがサイト内の新規記事や更新を認識しやすくなるため、より早く記事がユーザーに見られる可能性が高まります。

ダッシュボードの左側メニューから
プラグイン>新規追加 をクリック

右上のプラグインの検索窓で「Google XML Sitemaps」と入力

「今すぐインストール」をクリック
※この画像は「有効」になってますが未導入の方は「今すぐインストール」になってます。

インストールが完了したら次は
プラグイン>インストール済みプラグイン をクリック

「Google XML Sitemaps」の「有効化」をクリックしたらプラグインの導入完了です。次にサーチコンソールへのサイトマップ送信について説明していきます。

設定>XML-Sitemap をクリック

3つともにチェックがついてあるか確認しましょう。
ここにチェックをつけておくことで新規記事や更新した記事がより早くGoogleに通知されます。

投稿の優先順位を「優先順位を自動的に計算しない」にチェックします。

上記6つにチェックをつけます。

Change Frequenciesの部分を上記のように変更します。

優先順位の設定を上記のように変更したら、一番下の「設定を更新」をクリックして完了です!

最後に作成したサイトマップをグーグルサーチコンソールに登録したら完了です。

グーグルサーチコンソールで左側のメニューから「サイトマップ」をクリック

「sitemap.xml」と入力し、最後に「送信」をクリックしたら完了です!お疲れさまでした!

Google Analyticsと連携しよう!

すでにGoogle Analyticsの登録を済ましている方は連携が可能です。

連携することでGoogle Analytics側からグーグルサーチコンソールのデータを見ることができるようになるため、導入時の連携をおすすめしています。

GoogleAnalyticsを開き、「プロパティ設定」をクリック

しばらく下にスクロールすると、「Search Consoleを調整」とあるのでクリック

「追加」をクリックすると別画面に遷移します。

連携したいサーチコンソールのサイトを選択して、保存をクリックしたら完了です。

使い方などに関しては別途記事にまとめていく予定ですが、ネットでもたくさん情報が落ちているので探してみてください。